FX2年目、ドル円・ユーロドル・ポンド円で取引きしてます!娘の成長の日記でもあります!

しゅらの子育て&FX奮闘記

某アパレル時代

しゅらアパレル時代! 1日ホスト!

投稿日:

どうも、しゅらです。

娘の初節句を終えたばかりで、この話しをもってくるのも何だかな・・ですが、いろいろ忘れていたのを思い出してきたので書きます。
今から20年近く前の話しですから、まだバブルの名残りが残ってたな~。

 

ホストやらないか?

この頃は、もうアパレル時代の末期だったかな・・・給料20万なのに借金の月支払いが12万くらいで大変な思いをしている頃でした。
後残り7万なのに、家賃5万円、駐車場代1万円、電気代などの生活費に2万円・・・はい、オーバーしていましたw
足りない分はどうするか?
当然、キャシングでした。

食事は当時の彼女に奢ってもらったり作ってもらったりで、飲み代は先輩が結構奢ってくれました。
いま振り返るとほんとクズな生活してましたね。
ラブホテルのお金とか出したこと無かったですから。
周りの友人も、そんなクズばっかりでした。

その中のある友人が仕事終わりに声かけてきました。

「しゅら、ホストやらねぇか?」

 

TOKIOの長瀬(似)は言った「女に貢いで貰う時代だ」と

その友人は凄いかっこいい奴で、いまで言うとTOKIOの長瀬みたいな感じ(いまのゴリラ系じゃなくてホスト系だったときの)。
そいつは本物のクズで、既に人妻と付き合ってて援助を受けてました。

そいつ曰く「これからは女に金を貢いで貰う時代だぜ。」

当時の自分も若かったW
確かにそれ楽だよな・・・・でも、どうやるのか、と聞くと「新宿行ってホストやろうぜ。」とのこと。
う~ん・・とりあえず行って見てから考えようと思い、仕事終わってから新宿へ向かいました。

当然、何かあてがあるのかと思って電車のなかで聞くと「そんなもの無いに決まっているだろ。探すんだよ。」

 

異様な雰囲気の店

当時はインターネットとかそんなに無い時代でしたから、いきなり新宿に行ってもどこがどうだか全くわからないのですよね。
新宿には仕事で行ってましたが、行くとこはいつも一緒だったので全部を知っている訳でもなく。

長瀬(似)は1軒の店を見つけたらしく、そこに入るとちょっと異様な雰囲気・・・。
カウンターに1人人が立ってて、後ろに男の人が3人くらい立ってる・・・。

長瀬(似)「すいません、ホストやりたいのですが。」
カウンターにいた人「あら、いらっしゃい。そうならちょっとこれに記入して。」

え!?ちょっと待って、まだ何も聞いてないから!

しゅら「ここって、お客さんは何歳くらいの方が多いのですか?」
カウンターにいた人「う~ん、20代から50代まで幅広いわよ~。あなたたちピチピチだし受けそうな顔してるからいけるわよ。」

なんか、ナヨナヨしてる感じがしてたのですが・・・・。

カウンターにいた人「はじめは痛いけど慣れれば大丈夫だから。お尻は初めて?」

お尻!?

はい、ゲイの店でしたw

 

話しを聞いて長瀬(似)は・・・・

もうそれを聞いて「じゃあ、考えてみます!」と自分は店を出ようとしました。

長瀬(似)「でもやらなくてもいいんですよね?」
カウンターにいた人「う~ん、まぁうまく切り抜ければ問題無いけど、それだと固定客つかないわよ。」
長瀬(似)「わかりました。とりあえず、やってみます。」

はぁ!?おまえバカだろう。

長瀬(似)「しゅら、大丈夫だよ。最後までやらなければいいんだよ。逃げちゃえばいいし。」
しゅら「逃げれなかったらどうするんだよ!俺は絶対に嫌だ!」

と、半分記入してた長瀬(似)を連れ出しました。
あの時はほんとやばいと思いましたわ。

 

 昭和風なホストの店

その店を出てふらふら探して行き着いたのが、昭和風にレトロな感じの店。
出てる看板の男の人がみんな「おやじが多い」感じの店でした。

長瀬(似)「ここなら俺たち若いから人気でるかもしれない。」

入ってみたら、まだオープン前みたいで掃除してました。
その掃除してる人に声かけたら「こっちに来て。」と裏に連れていかれました。

そこで話しを聞いてみて、ここは普通の女性相手のホストだと確信して入店することにしました。
記入してるうちに続々とホストの方が入ってくるのですが、みんな貫禄ありましたね。
30前後の人が多い感じでしたが、まぁ芸能人みたいなオーラだしてましたわ。

その日の仕事は、「先輩についたお客様のたばこに火をつける」でした。
でも3時間くらいしたら眠くなってきて、長瀬(似)に「眠いな。今日はそろそろ帰るか。」と聞くと、そいつも眠かったらしく「そうしよう。」と早退させてもらいました。

でも結局始発まで新宿をぶらぶらして自宅に着いたのが、朝6時だったかな。
次の日も仕事なのによく行ったわw
まぁ当時は10時出勤でしたから、それでも3時間は寝れましたけど。

 

1日で終了

次の日、長瀬(似)と昼飯食ってるときに、お互いに「やっぱり、ホストは辞めよう。」となりましたw
そりゃあ、最初から無理のある計画でしたからね。
10時から20時までアパレルやって、11時から5時までホストやったらいつ寝るんだよとw

でも振り返って見ると、当時はハチャメチャでしたね~。
ブログやってなかったら、忘れてましたw

ホスト、続けてたらどうなったかな~w
もっと濃い時間だったので、また思い出したら詳細を書き足すかもしれません。

でも平凡な生活が一番ですな!

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-某アパレル時代

Copyright© しゅらの子育て&FX奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.